誰でも任意整理をすることは出来るのか

他の債務整理手続きの場合、条件を満たさなければ利用できないものもありますが、任意整理を利用するのに条件といったものは特にありません。

 

任意整理という手続きは、多重債務問題に悩んでいる方であれば、基本的には誰でも利用できる手続きになっています。

 

ただし、任意整理は最終的に借金を返済していくことになるため、まったくの無収入となってしまうと、手続きを取ることができなくなってしまいます。こういった方は別の債務整理手続きを検討しましょう。

 

収入を得る見込みがあれば良い

現在は無収入であっても、将来的に収入を得る見込みがあれば任意整理を取ることは可能です。ただし、その間は貸金業者から請求をされ続けることになりますので、精神的にかなりの苦痛を強いられることになります。これを回避するためには、専門家に間に入ってもらう他ありません。

 

専門家が任意整理を受任することによって、返済はストップし、直接請求もこなくなりますので、この期間に生活を立て直すことが可能となります。

 

しかし、収入を得る見込みが相当に具体的でない限り、専門家も協力してくれない可能性がありますので、この点に関してはしっかりと説明できるようにしておきましょう。

 

アルバイトやパートタイマーでも可能

任意整理は安定した収入を求められる手続きではありますが、これは企業の正社員である必要はなく、アルバイトやパートタイマーといった職業でも手続きを取ることは可能です。

 

自分はアルバイトだから任意整理をすることができない・・・と考えている方は非常に多いのですが、実際にはそんなことはありません。重要なのは、任意整理によって無理のない返済を実現することが可能かどうかに尽きます。

 

無理のない返済ができるのであれば、職業はまったく関係がありませんし、貸金業者側も返済さえ継続されていれば、それ以上のことは言ってきません。

 

無職でも援助があれば可能だが・・・

仮に無職であっても、家族や親族、友人などから援助を得られるのであれば、任意整理を取ることは可能といえます。しかし、この方法はあまりおすすめできる方法ではありません

 

基本的に援助者には援助をしなければならない義務はありませんし、援助がいつ途切れても文句はいえないため、非常に不安定な返済計画となってしまいます。

 

また、生活保護費による援助を頼りにするのもあまりいい方法ではありません。生活保護費は返済に使うためのお金ではありませんので、場合によっては生活保護を打ち切られることにもなりかねませんので注意です。

 

街角法律相談所
街角法律相談所の特徴

債務整理にしても過払い請求にしても、まずは信頼の出来る専門家への相談から始まりますが、どの法律事務所が良いのか、どこが債務整理や過払いに強いのかが分からない方も多いことでしょう。相談先が決まっている方は別ですが、まだ決まっていない、依頼をするかも分からない方は、匿名での無料相談を利用し、話を聞いてから実際に依頼をするかを検討すると良いです。

受付時間 24時間対応
診断料金 完全無料
備考 匿名で内緒のまま診断可能で安心です。
ポイント

街角法律事務所の無料匿名相談なら、僅かな入力項目で相談ができ、相談をしたからと言って必ず依頼をしなければいけないわけではないため、決めかねている方、詳しい話を聞いてみたい方にも人気です。