払いすぎてしまった利息を返してもらえる正当な権利

よく聞く「過払い金」という言葉ですが、簡単に言えば貸金業者に多く払い過ぎてしまった利息のことをいいます。法律上、返す必要のない利息を返済していたわけですから、当然それを請求する権利が生じています。これが「過払い請求」というわけです。

 

過払い金が発生する仕組みは、皆さんが考えているよりもいたってシンプルです。過去にあった貸し付けに関する法律が改正されたことにより、今まで上限だった利率(利息の年率)に誤差が出るようになったことが理由です。

 

これによっていわゆるグレーゾーン金利と言われていた問題が解消されました。この誤差分が過払い金として請求されるようになったわけです。

 

過払い金にも時効がある点に十分注意する

上記した法改正があったのが平成18年なのですが、過払い金請求に関して、今だからこそ注目されるべき注意事項があります。

 

それは、「過払い請求には10年間の時効がある」ということです。時効を迎えてしまっては、もう貸金業者に対して過払い請求が出来なくなってしまうのです。

 

時効のカウントは貸金業者との最後の取引があった日から始まりますので、法改正の時期を考えると、あと数年で時効を迎える方も多いのではないでしょうか。

 

このことからも、過払いについて少しでも心当たりがある方は、一度専門家への相談を検討してみると良いでしょう。

 

街角法律相談所
街角法律相談所の特徴

債務整理にしても過払い請求にしても、まずは信頼の出来る専門家への相談から始まりますが、どの法律事務所が良いのか、どこが債務整理や過払いに強いのかが分からない方も多いことでしょう。相談先が決まっている方は別ですが、まだ決まっていない、依頼をするかも分からない方は、匿名での無料相談を利用し、話を聞いてから実際に依頼をするかを検討すると良いです。

受付時間 24時間対応
診断料金 完全無料
備考 匿名で内緒のまま診断可能で安心です。
ポイント

街角法律事務所の無料匿名相談なら、僅かな入力項目で相談ができ、相談をしたからと言って必ず依頼をしなければいけないわけではないため、決めかねている方、詳しい話を聞いてみたい方にも人気です。